法律事務所についての記事

法律事務所とは、主に複数人の弁護士がその業務を遂行するための場所として、1か所に集まり、その業務を共同で行なうという事業体のことをさします。

他には個人事務所と呼ばれ、一人の弁護士が開いている事務所もあります。

この場合にも、弁護士が一人で全ての業務を行っているのでなく、弁護士の他に複数の事務員を抱えているケースが殆どです。完全な個人による法律事務所はごく稀です。


日本における弁護士の殆どは、法律事務所に所属した形でその業務を行います。


自宅において、その業務を遂行している場合は「宅弁」と呼ばれています。


最近では、法律事務所や宅弁だけではなく、企業に所属して、その企業内で業務を行う弁護士が増えています。

企業において法務関係の業務は必要不可欠なので、企業内に弁護士が常駐していることは、大きなメリットであるといえます。法律事務所の形態としては、主に五つに分けられます。
①個人の事業弁護士が一人で経営を行う場合をさします。
法律事務所の中ではこのタイプが非常に多いです。


②有限責任組合アメリカやイギリスでは、このタイプの法律事務所が非常に多いです。

これは、リミテッド・ライアビリティ・パートナーシップと呼ばれるもので、事業をメインとする組合組織をベースとして作られた企業組織体のことです。これは業務を行う全パートナーに対して、業務責任が決められているのが特色です。アメリカでは、州によって設立についての法令が決められています。
日本において、この形態を採用することは認められていません。

③無限責任組合その事務所に出資している弁護士が数人の場合に多いです。

アメリカやイギリスなどでは、ジェネラル・パートナーシップと呼ばれるものです。


これは、パートナー(2名以上)が業務や資金などを出資することによって、共同で事業を行うという形態のことをさします。

これはパートナーの総体をさすこともありますが、パートナーシップとは区別されています。

http://homepage3.nifty.com/miebar/
http://komachi.yomiuri.co.jp/?g=04
http://www.yama-ben.jp/

人気の自動車のリースの分かりやすい情報はこちらのサイトです。

エンドロールについての情報を提供しています。

今よりも滋賀のログハウスが広く知れ渡ってきました。

新年会についての情報ををお探しの方は必見です。

監査証明を情報をお探しの方はこちらのサイトがおすすめです。